rinen

従業員の物心の幸福を追求し、社会に貢献し続ける

housin

より良い製品を製造し、紙媒体の普及・発展を目指す
お客様の立場になり、常に新しい技術に挑戦し続ける
midasiaisatu

代表取締役

藤原 智之

わが社は製本会社として京都の地に創業し65年余り経過いたしました。
創業当時から受け継いだお客さまへの感謝を忘れず現在に至っております。
製本という仕事は文化を発信するものであります。
我々の使命はその製本文化を今後も広げ進化させることであり、その使命で社会に貢献し続けることを目指しております。
また、笑顔のある職場環境をつくり、お客さまのニーズ応え感動を創造してまいります。
受け継いだDNAをさらに進化させ“すべての人に感謝”を胸に今後も歩み
続けていきます。

取締役副社長

藤原 幹明

『会社は何のためにあるのか、また在るべき姿は?』
会社は「働く人」、ひとりひとりの幸せを実現するために存在し、
また、存続していく義務があります。これが「藤原のセンターピン」です。
企業にとってお客様は大切です。しかし「働く人」を大切にせず、社員満足を考えない企業に存在する意味はありません。
でもこれは決して甘やかす、ということではなく、社員はしっかりと研鑽を積み、少しでも前へ進む努力をしてもらう。その結果、社員ひとりひとりが「お客様に喜びを提供する」ということに繋がるのです。
働く人の笑顔を大切に。働く人が笑顔になればお客様をさらに笑顔にする
藤原製本はそんな会社で在り続けたいと考えています。

midasikanbu

製造部マイスター

谷川 喜樹

常に社員全員が密なコミュニケーションを取ることで明るい職場環境をつくっていく努力をしています。
そしてお客様に信頼していただき、満足していただける会社をつくります。
またそれと同時に、”製本”というモノづくりの経験や知識を若い世代に継承していくことで繋げていきたいです。

製造部部長

利倉 康之

品質向上を目指し後工程に高品質な製品を繋げるよう日々技術向上に努めています。
また、将来いま以上に人間として成長できる職場環境を整えていくことで仕事を通じ「夢」,「希望」そして「何のために」という思いを社員全員が持ち続けられるような会社にしたいです。

営業部部長

宮部 雄大

お客様のニーズに合った印刷や製本のご提案とご要望に対し早急かつ誠実に対応することを心がけております。
今後は製本メーカーとして、より多くのユーザー様に当社を知っていただくことで、本を通じて感動と満足を提供できればと考えております。